本文へスキップ

消費者金融低金利

キャッシングで損をしないためには消費者金融のメリットを一覧表で比較して選ぶことが重要です。

借入審査で落とされてしまっては元も子もありません。確実に審査に通るためには、自分の状況(収入、借金総額、過去の信用履歴)に合致した金融業者を選ぶことです。

金利を比較

以下は代表的な大手消費者金融の金利を単純に比較した表です。最低金利が3.0%から上限は18.0%と、その範囲が広いのに気が付かれたと思います。

では、その最低金利で借りれるのかと言いますと、が、実際は誰しも最低金利で借りれるわけではありません。利用実績が上がってこその最低金利であって、最初から最低金利で利用できるわけではないのです。

ただ、無利息ローンは最初の利用時のみに適用されますので、無利息期間を十分に活用すべきです。

   金利  最大融資額  融資  無利息期間
 アコム  3.0〜18.0%  800万円  最短1時間 初期利用で30日間
 モビット  3.0〜18.0%  800万円  最短即日  なし
 レイク  4.5〜18.0%  500万円  最短即日 初期利用で180日間
 アイフル  4.5〜18.0%  500万円  最短即日 初期利用で30日間
 プロミス  4.5〜17.8%  500万円  最短即日 初期利用で30日間

上記の表で低金利・即日対応・限度額・無利息期間を単純に比較すれば、アコムが一番条件が良いと言えるでしょう。

中堅以下の消費者金融

誰もが低金利で借りやすい大手メガバンク系の消費者金融を利用したいと思うのが当然のことですが、大手は低金利での融資と引き換えに審査基準を厳しく設定しています。いわゆる「貸し倒れ」を防ぐために、健全な優良客を対象としているのが実情です。

したがって、他社からの借入が複数あるような方は、まず審査に通らないでしょうし信用情報機関のデータに問題があるような方も不可能です。

高望みしても審査には通りません。借入件数が3件以上ある方は、準大手の中小中堅キャッシング会社を選びましょう。準大手といっても大手ほど名前が知られていないだけで、金利もそれほど高くないですし、コンビニや銀行のatmが使えるサラ金業者も存在します。

どのローン会社が借りやすいかは、一覧サイトなどで徹底比較して選ぶことが重要です。気を付けたいポイントは、金利と支払い方法です。現在の上限金利は20.0%ですが、できれば少しでも低いほうがベストです。大手のような5.0%といったレベルは無理としても、15.0%以内には抑えたいところです。

   金利  最大融資額  融資  返済方法
 キャレント  7.8〜18.0%  500万円  最短即日 元金均等返済方式
 フクホー  7.3〜18.0%  200万円  最短即日  元利均等、自由返済
 エース  7.0〜18.0%  100万円  最短即日 元利均等、自由返済
 ユーファイナンス  7.3〜15.0%  700万円  最短即日 元利均等返済
 ぽちスマ  9.85〜18.0%  300万円  最短即日 元利均等、自由返済

 

大中小の消費者金融比較

確実にキャッシングをするために必要なことは、最高の条件で借りようと高望みはせず、かといって低すぎる自己評価をして条件の悪い業者を選択するのも良くないことです。あくまでも審査に通る範囲の中で、最高の条件で借りれる融資先を選択すべきです。大まかな審査基準は以下の通りです。

  • 借入件数3件以内・・・大手銀行系カードローン
  • 借入件数3〜6件・・・中堅中小消費者金融
  • 借入件数6件以上・・・零細消費者金融

金融会社一覧


無職、総量規制の対応

借金総額が年収の三分の一以上保有している人は、総量規制の対象者になりますので、新規の借入は不可能です。また、収入のない無職や専業主婦も審査には通りません。そういった方は身の周りの品を質屋やオークションに出して現金化するなりして金策を考えましょう。

どうしても貸金業者を利用したい方は、派遣会社などに登録して勤務先への在籍確認が可能な状況にすると審査に通る確率は高くなります。また、審査に通る自信が無い場合は、審査基準の甘いカードローンを探すと、お金が借りれる可能性が格段にアップしてきます。そういった金融情報は金融掲示板などの口コミ情報を基にすると、簡単に入手できます。