消費者金融低金利

絶対借りるための条件

絶対消費者金融でお金を借りるためには、まず消費者金融の審査基準に合致する必要があります。審査基準で一番重要なポイントは現在の収入です。勤務先が公務員や大企業なら評価も高くなりますし、逆にアルバイトやパートは評価が低くなります。無職や一部の派遣社員などは審査に通りません。大凡の基準として、年収300円以上なら問題ないでしょう。

通常、キャッシング会社は借入審査の際、申込書に記載された勤務先へ在籍確認を実施します。在籍確認が取れればOKですし、虚偽の勤務先を記載していればその場で却下されてしまいます。また、虚偽の情報を記載していたことは信用情報機関のデータに上書きされてしまいますので、以後の借入にも影響してきます。

次に重要なポイントは過去の借入履歴です。過去に自己破産や特定調停などの債務整理をしていれば、審査に通るのは困難になります。過去五年以内に債務整理をしていれば、信用情報機関のブラックリストに掲載されていますので、100%審査には通りません。

自己破産とは、サラ金業者側からしてみれば貸したお金を取りはぐれたことになりますので、信用が低くなるのは当然のことでしょう。もしも自分が信用情報機関のブラック情報に記載されているか心配な方は、問い合わせて情報を開示してもらいましょう。その上でキャッシングの申し込みをすれば安心してお金を借りることが出来ます。