消費者金融低金利

保証人と保証債務

消費者金融や金融会社でのキャッシングは基本的に無保証人無担保ですが、中には保有する不動産を担保にしてお金を借りる不動産担保ローンや、保証人をつけてキャッシングをする場合があります。銀行などの融資は、伝統的に保証人が必要なローンが多く、最近では消費者金融の影響で無保証人無担保のフリーローンが占めてきましたが、大口の融資に至って保証人が必要になってきます。

その中で保証債務とは、保証人が債権者に対して負う債務のことで、債務者が債務を履行しない場合には保証人がこれに代わって債務を履行することになります。保証債務は保証人と債権者との契約によって成立し、債務者と保証人との間に委託関係があるか否かは要件になりませんが、主たる債務の履行を保証する債務であることから、以下の性質を有します。

債務の内容に応じて、主たる債務が消滅すれば保証債務も同様に消滅し、また保証債務はその態様において主たる債務よりも重くなることはありません。また、主たる債務者の有する抗弁は保証人もまた主張しうる。

主たる債務が履行されない場合にのみ履行されるべき債務であり、および催告の抗弁権が与えられています。ただし、補充制のない連帯保証の場合には、検索および催告の抗弁権はありません。保証債務を履行した場合、保証人は主たる債務者に対して求償権を持ち、求償権の範囲内で債権者の有する担保権その他の権利が保証人に移転します。