金融

金融機関

金融機関を大きく分類すると二種類のタイプが存在します。一つは民間が出資して経営する民間金融機関です。もう一つは政府が出資して運営する政府系金融機関です。

さらに民間の金融機関を分類していくと二種類のタイプが存在します。預貯金や融資といった業務を扱う銀行系と、銀行業務以外の金融関連業務や銀行業務の一部(融資業務)を実施する金融機関です。

主な銀行業務といえば、預金者からお金を集めることと、それを融資先に貸し出して金利を得ることです。この二つの銀行業務を行う金融機関には、普通銀行(都市銀行、地方銀行、第二銀行)、信託銀行、長期信用銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、漁業協同組合などがあります。

政府系金融機関

政府系金融機関とは、預金業務を行わず、貸出業務のみを行う日本政策投資銀行、国際協力銀行、国民生活金融公庫、住宅金融公庫などが存在します。政府系金融機関は、銀行業務の一部しか行っていないため、ノンバンクと似ていますが、ノンバンクと政府系金融機関とは別個に扱われています。

日本銀行は、政府系金融機関と認識している人も多いようですが、政府から独立した組織として運営されており、政府系金融機関とは区別されています。